ミラーリング【NLP実践集】
心を映しとる共感のスキル

JPCPA理事
高島 昌彦
 

2021/8/16


JPCPA専属トレーナーの高島昌彦です。
 

学校の授業や社会人になっての研修、あるいは講座やセミナーで、「習ったけれど使えない」。
そんな知識やスキル、ありますよね。


コミュニケーションやカウンセリングの講座、そして、もちろんNLPでいうと、「ミラーリング」がその代表格ではないでしょうか?

相手の一挙手一投足を忠実に真似していたら嫌われますから。
実際に、「日常的に積極的にミラーリングをしています」こう言い切れる人は少ないことと思います。

ですが、それではあまりにもったいない!
 

そこでこの記事では、「ミラーリング」が持つ素晴らしい力。
そして、その活用法についてお伝えします。
 

ミラーリングの活用法

ミラーリングとは?


ミラーリングとは、相手の身振りや動作を鏡合わせのように真似ることです。
 

相手が口に手を当てたら、自分も口に手を当てる。
相手が前のめりで話してきたら、自分も前のめりで話を聴く。
相手が腕を組んだら、自分も腕を組む(相手が右手を上に組んだとき、自分は左手を上に組むのがミラーリング。自分も右手を上に組むのはマッチング)。
 

表情・座り方・手振り・うなづきなど。
外見上、相手と鏡合わせになる。

これが、ミラーリングです。
 

鏡合わせになるのがミラーリング


 

ミラーリングとラポールの関係

ミラーリングは効果なし?


さて、このミラーリング。
一般的には、ラポール(信頼関係)を築く目的で使うといわれています。

では、本当に、ミラーリングでラポールは深まるのでしょうか?


こんな場面を想像してみましょう。

あなたは車のセールスです。
態度の横柄な客があなたの前にドカッと座り、足を組む。
あなたを見下すように顎を突き上げ、まさに上から目線で、
「あの車、いくら?」
と尋ねてくる。


さあ、お客様です。
ラポールを築くために、ミラーリングします!

あなたも横柄な態度で座り、足を組み、相手を見下すように顎を突き上げ、まさに上から目線で答えましょう。
「あの車の値段は…」
 

横柄な客


いかがでしょうか。

ミラーリング、できませんよね?
もし、本当にミラーリングしたら、きっと相手は怒り出すでしょう。
信頼関係を築くどころではありません。
 

このように、ラポールを築く(深める)目的では、ミラーリングは使えないのです。
ですから、あなたにとって、ミラーリングが習ったけれど使えないスキルになるのも、ある意味やむを得ないといえるでしょう。
 

ミラーリング=ラポールの結果(重要


ここでは、意図的にミラーリングすることから少し離れて、ラポールの観点で考えていきましょう。

ラポールの築かれた人たち。
息の合った、仲のよさそうな人たち。
街に出て、観察してみるのもよいです。
 

ラポールのとれている人たちは、不思議なことに姿勢やしぐさが似てくるものです。
歩いている足元を見ると、一歩一歩のステップ、そのタイミングがぴったり一致していることに気づくでしょう(これはぜひ観察してみてください。びっくりされることと思います)。
ラポールが深まると、不思議なことに、呼吸までがぴったりと一致するのです!


さて、そんなラポールの築かれている人たち。
鏡映しでしぐさを真似たり、一歩一歩のステップを合わせたり、呼吸を合わせたり…
意図的にミラーリングをして、ラポールを築いたのでしょうか?

どうも、違いますよね?
 

実は、ラポールが深まると、自然とミラーリングが起こる。
ただ、それだけなのです。
 

ラポールが深まると自然とミラーリングが起こる


でも、これはとっても重要なことです。
なぜなら、ミラーリングがラポールの目安になるからです。


例えば、初対面の人と会って緊張している場面。
あなたがコーヒーに手を伸ばす。
と同時に、相手もコーヒーに手を伸ばし、何とも気まずい雰囲気に。

「何か話さなくては」と、あなたが思い切って口を開いた、まさにその瞬間。
相手も話し始め、二人の言葉がかぶる。
さらに気まずい雰囲気に。

こんなご経験はありませんか?


この場面、ミラーリングが(無自覚に)起こっているのです。
そしてそれは、お互いの心の状態が合っているということです。

あなたが緊張しているなら、相手も同じように緊張しているということ。
あなたが相手に興味があるなら、相手も同じように、あなたに興味があるということです。

ここであなたが思い切って心を開いて、それでも相手とペースが合うなら、深いラポールが築かれることでしょう。
 

「もったいないことしたなぁ」
今になって、甘苦い思い出に浸っている方もいるかもしれませんね。
 

甘苦い思い出


 

心を映しとるスキル

ミラーリングの本当の意味


ここまで見てきた通り、実は、お互いの心の状態が合ってくると、自然と身体の状態も合ってくるのです。

そして、その逆もまた真なり。
身体の状態を合わせると、自然と心の状態も合ってくる。

つまり、ミラーリングをすると、相手の心の状態が、自分の心に映し出されるのです。
 

ミラーリングで相手の本心がわかる


 

ミラーリングの実践法


ミラーリングにせよマッチングにせよ、相手と寸分たがわぬ姿勢になることが大切です。

姿勢だけではありません。
力の入り具合やバランスなど、外見だけでなく、身体の中の感覚も合わせていきます。
 

当協会の実践コミュニケーション1級認定講座では、

  • モデル
  • ミラーリングする人
  • 観察者

の3人一組でミラーリングのワークを行います。
観察者が、モデルとミラーリングする人の双方を見て、ぴったりと一致するように、「もう少し右肩を下げて」等と具体的に指示して、ミラーリングを完成させていきます。


やむを得ず、一人でミラーリングの練習をする場合は、動画や写真など自撮りできる機器があると便利かもしれません。
第三者の視点で見て、寸分たがわぬ身体の状態になることが大切です。
 

ミラーリングの練習


 

感情は身体感覚


さて、次の手紙をご覧ください。
どのような気持ちになるでしょうか?
 

『そんなあなたがとても好き』

鼻ペチャの私の鼻を、
「上を向いてて可愛いよ」って。
大根足の私に、
「モデルじゃないんだから」って。
車をぶつけたら、
「疲れてたんだなあ」って言ってくれた。

そんなあなたに、
お義母さんの悪口を言ったらたたかれた。

とても好きです。

出典:人生最高のラブレター(清流出版)

いかがでしょうか。
あたたかな、明るい気持ちになったことと思います。
 

そして、ここからが本題。
そのあたたかな気持ちというのは、あなたの身体の、どこがどうなっているから、あたたかな気持ちになっているとわかるのでしょうか?


考えたこともないので、少し難しいかもしれませんね。
焦らずに、もう一度先ほどのラブレターを読みながら、じっくりとご自身の身体に意識を集めていきましょう。


もしかすると、上半身。
胸のあたりがあたたかくなっているのではないでしょうか?

胸や肩の辺りが緩んだ感覚があったり、ふつふつとあたたかいものが上がってくるような感覚のある方もいるかもしれませんね。
うきうきするように感じる方もいるかもしれません。
暖色系の色として捉えられる方もいるでしょう。


実は、私たちの感情というのは、身体感覚なのです。
 

感情は身体感覚


 

相手の心を映しとったその結果は?


ミラーリングの結果起こること。
それは、相手の感じている感情。
すなわち、相手の身体感覚があなたの身体に体現されるのです。


穏やかな感情の人をミラーリングすると、胸や肩の辺りがあたたかで、落ち着いた感覚があなたの身体に起こるでしょう。

反対に怒っている人をミラーリングすると、胸の辺りが熱くなったり、胃の方から上向きに熱いものが上がってくる感覚が起こるかもしれません。
あるいは文字通り、頭に血が上る感覚かもしれません。
 

感情によって、様々な身体感覚があります。
そして、ミラーリングを行うことで、相手の感情があなたの身体に直接体現される。

例えば、鐘が二つ並んでいるのをイメージするとわかりやすいかもしれません。
片方の鐘を鳴らすと、もう片方の鐘も振動します(共鳴)よね。
 

共鳴する鐘

そのように、自分の身体に、自分の感情ではなく、相手の感情が体現される。
これが、ミラーリングの本当の使い方です。

つまり、ミラーリングは、相手の感情を知るスキルということです。
 

共感力

共感は頭(思考)でするものではない


共感とは、どういうことでしょうか。

一般的には、相手の話を聴いて、相手の事情を知り、「その事情だとこんな気持ちになるだろうなあ。だって私はあのとき…」と想像していくこととされているのではないでしょうか?

でも、想像の結果、あなたに起きている感情は、あなたの感情なのです。
相手の感情ではない。
あくまでも、あなたの想像に過ぎないのです。


それに、そもそも相手が本当のことだけを、そしてすべてを話すとは限りません。
言いにくいこともあるでしょう。
何より、自分自身でも気づいていないことだってあるはずです。
 

point


ですから、いくら真剣に話を聴いて、いくら頭で考えても共感は起こりません。
共感は、頭でするものではないのです。


「じゃあ、どうすれば共感できるの?」
そう感じていますか。

それとも、
「ああ、だから…」
そう気づきましたか。


そうです。
ミラーリングです。

ミラーリングの結果、相手の感情が、あなたの身体に再現される。
二つの鐘が、共鳴し合っている状態。
それこそが、本当の共感です。
 

共感とコミュニケーション

頭で聴く場合


「嫌な上司がいる…」
相手から、悩みを打ち明けられたとしましょう。
きっと、あなたのことを信頼して打ち明けたのでしょうね。
 

さて、この打ち明け話を、頭で聴いていくとどうなるか。

「嫌な上司なんてどこにでもいるよ…」
「うちの上司の方がよっぽどひどいよ。だって…」
「えっ!? そんなひどい上司ならパワハラで訴えた方がいいんじゃない?」

このような考えが頭に浮かぶのではないでしょうか?
そして、その考えをそのまま口に出す。
 

あるいは、相手を否定するのは悪いから、「それはあなたの方がおかしくない?」と内心思っていても、それをおくびにも出さずに、「うん。うん。わかる」と共感しているかのように我慢して聴き続ける。
 

我慢


疲れてしまいます。
そして、あなたが疲れてしまうということは、相手も心からの満足は出来ない。
だから、日を改めて、また同じ話が繰り返される。


頭で聴いていくと、このようなコミュニケーションになりがちです。
もしかしたら、あなたにも心当たりがあるかもしれませんね。
 

心で聴く場合


「嫌な上司がいる…」
その話をする相手にミラーリングしてみる。

胸がギューッと絞めつけられる感覚。
喉もつまって、息苦しいような感覚。
このような感覚があなたの身体に起こったとします。
 

さて、どのような言葉をかけましょうか。
気の利いた言葉なんていりませんよ。
 

「それは辛いでしょ。よく耐えてるね」

その一言で十分です。
なぜなら、あなたはその言葉を心を込めて言えるから。

相手には、ちゃんと伝わります。
「ああ、わかってもらえた」と。


これが、『ねぎらい』。
相手の心を動かすコミュニケーションです。

あなたは自分を偽る必要もないし、相手も「わかってもらえた」と心から満足する。
共感力が高まることで、このようなコミュニケーションになるのです。
 

共感力


 

まとめ


ミラーリングでラポールを深めるのではない。
ミラーリングは、相手の本当の気持ちを知るスキルなのだということをお伝えしました。

慣れてくると、ミラーリングしなくても、相手を見るだけで相手の感情が自分の身体に体現されるようになります。
コミュニケーションの達人は、これを行っているのです。
 

特殊な人だけができるのではありません。
鍛錬すれば、誰もができる共感のスキルです。

それには、地道にコツコツとミラーリングの実践をすること。
あなたもコミュニケーションの達人を目指してみませんか?


執筆者:日本実践コミュニケーション心理学協会理事 高島昌彦
 

実践的に学びたい方へ

「講師の高島昌彦です。心の専門家の私たちがあなたの疑問にお答えします」


日本実践コミュニケーション心理学協会では、心やコミュニケーションに特化した「実践コミュニケーション1級認定講座」を、札幌・函館の全道2会場で開催しています。
 

  • 相手との信頼関係を築く『ラポール
  • 問題の視点を変える『リフレーミング
  • 相手の心を動かす『ねぎらい


こういった、具体的な技術を実践的に学びます。

また、本やネットと違い、講座では疑問点を質問できるのも魅力です。
講座の内容はもちろん、時間の許す限り、あなたのあらゆる疑問にお答えします。

講座について興味のある方は下のリンクよりご覧ください。

関連するページのご紹介

こちらのページを読んだ方には、下のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。

N   L   P
心   理   学
コミュニケーション

講座

実践コミュニケーション
       2級認定講座

【札幌】  7/17 満席
【千歳】  7/18 満席
【函館】  8/28 満席
【小樽】  9/24 満席
【札幌】  9/25 満席
【旭川】  9/26 満席
【函館】  3/ 6 受付中


 

実践コミュニケーション
       1級認定講座

【函館】 11/14  満席
【札幌】 11/28  満席


 

NLP1日体験コース

【札幌】 10/16  満席
【函館】   4/16  受付中


 

NLPプラクティショナー認定コース

【札幌】 2022/6~10月

関連団体

最近の投稿

コミュニケーション

褒める?叱る?

心理学

心理学への旅④


 

心理学

心理学への旅③
「続きは後で…いや、今すぐ!」


 

NLP

どんな相手とも関係性が深まるNLP万能スキルとは?


 

NLP

相手の心を映しとるNLP実践。使わないのはあまりにもったいない!


 

心理学

心理学への旅②
生活と密接に関連している心理学を学ぶと?


 

コミュニケーション

【決定版】
人前で緊張する人のための根本アプローチ