誰でも自己肯定感が高まる
実践心理ワークショップ

心を解放し、
自信・自己重要感を取り戻す

奇跡を起こす7つの心理ワーク


 

このような方に本当にオススメします

  • 自分に自信がない
  • 自分は能力がないと感じてしまう
  • 「もっと自分を大切にしたほうがいい」と人から言われることがある
  • 「どうせ自分なんか…」と思ってしまうときがある
  • 他人の目が気になり、自分がどのように評価されているか気になってしまう
  • 失敗したくない
  • 自分より他人を優先させてしまう
  • 誰も自分を知らないところに行けたらと思うときがある
  • 物事をネガティブに考えてしまう
  • 他者と自分を比較し「あの人はできているのに、私はできない」と自己嫌悪に陥ったり、嫉妬や劣等感を感じてしまうことがある
  • 昔から自己肯定感が低い
  • 損な役回りを引き受けてしまう
  • 他人(親を含む)から大切にしてもらえた記憶があまりない
  • 自分は運がよくないと感じる
  • 人生をやり直せたらと思うときがある

自己肯定感が高まらない3つの要因

環境

共感力

イメージ力

環境(成育歴・生育歴・身近な存在)


持って生まれたものはもちろんのこと、なによりどのような環境で育ってきたのかは、その人のパーソナリティに決定的に影響します。

どのような環境(家庭、学校、地域など)で育ってきたか、その中でどのような役割を担ってきたかによって、どれくらい自分を受け入れてよいか、どれくらい自分は他者から受け入れられているのかといった概念の多くが作られるからです。

もちろん、現在身近にいる存在(パートナー、職場やコミュニティの近い存在)からどれくらい受け入れられているかというのも見逃せないポイントです。
 


 

高く、無防備な共感力


共感力自体は決して悪いものではありません。むしろ、社会で求めらる能力でもあります。

問題となるのは、共感力が高く、かつ無防備な場合。

具体的には、

  • 苦しんでいる人を見ると自分も苦しくなる
  • 不機嫌な人が苦手
  • 誰かがネガティブな状態になるくらいなら自分が我慢する

こういった特性を持っている方は、共感力の高さがあだとなり、自己肯定感が低くなる傾向にあります。
 


 

ネガティブに作用するイメージ力


レモンを思い浮かべてみましょう。
真剣にイメージしてみてくださいね。

あの黄色くザラザラした皮に包丁を入れる。
すると、レモンの果肉から半透明な果汁が溢れ出します。

その果汁を絞って舌の上に垂らしてみると…。
 

いかがでしょうか?
今、あなたは酸っぱさを感じ、口の中に唾液が満ちてきていませんか?
 

このように、たとえ現実にはレモンがなくても、人はイメージするだけで、酸っぱさを感じ、唾液が出るなど、体に変化が起こります。
イメージしたことが心身に影響を与え、現実になっていくということです。
 

では、レモンではなく、ネガティブな思考を思い浮かべるとどうなるのでしょう?


たとえば、「自分は価値がない」。
こんなふうに思っていると、どうなるのでしょうか?
 

実は、「自分は価値がない」と思い込むと、「自分には価値がない」を裏付けるような情報ばかりが意識にあがるようになります。

たとえば、自分との約束をすっかり忘れられていたときに、「やっぱり私のことなんてどうでもいんだ。私なんか、いてもいなくても変わらないんだろう」とか、物事がうまくいかないときに、「またダメだ。私は何をやってもうまくいかない」とか…。


レモンを思い浮かべると口の中が唾液でいっぱいになったと同様に、「自分は価値がない」と思い込むことで、「この世で誰からも大切にしてもらえない一人ぼっちの自分」を実感するようになっていきます。

しかも、「自分には価値がない」をイメージしているせいで、「自分には価値がある」という情報が心を素通りしてしまう。
 

お気づきでしょうか?
知らず知らずのうちに、「価値のない自分」という心理療法を自分に施してしまっているのです。

しかも、イメージ力が高い人だけに、効果的に(よくない)心理療法ができてしまっている…。
 

とはいえ、ここに変化を起こす切り口があります!


いつも自分をネガティブに考えてしまう。
そして、その通りに人生が生きづらくなっている。

ということは、裏を返せば、イメージを効果的に使えているとも言えるわけです。
つまり、皮肉なことに、自分が苦しくなるような心理療法をいつも科し、その効果が出てしまっているということ。
 

それなら、イメージの方向を変えてやればよい。
なぜなら、イメージの持つ力を活用する能力は人並み以上に高いのだから。
 


そこで、

  • 生きづらさを感じている
  • 自分に自信がない
  • 自分は運がない

そんなあなたに、心理カウンセラーでもある講師の高島が、これまでカウンセリングやワークショップを通して効果を強く感じた、強力な奇跡を起こす心理ワークを厳選し、あなたと実践していくワークショップを開催します。

 

心理カウンセラー高島が、
強力な心理ワークを厳選!

自己肯定感を高める2つのアプローチ

現状への自信


人間すべてがダメということは、ありません。
今のままでも充分なところ、むしろ強みですらあるところはたくさんあるものです。

問題は、あなた自身がそう受け止められないこと。そして、ご自身の強みに気づいていないこと。

本ワークショップでは、「今のままでも充分すばらしい自分ではないか」という自然な気づきを起きることで自己受容を促し、「私はOKなのだ」という自己肯定感を高めていきます。
 

無意識からのアプローチ


現状の受け止めを変えるだけでも、大きな効果がありますが、長年自己肯定感が低い状態だった方にはそれだけでは十分ではないでしょう。
実感を伴った変化が必要です。

それには、無意識からのアプローチが必要になります。
 

幸いという言い方が適切ではないかもしれませんが、ずっとネガティブ思考できたということは、ポジティブな領域にたくさんの眠っているあなたがいるということ。

心理ワークを通じて、眠っている自己の目覚めを促します。

誰でも自己肯定感が高まる
奇跡を起こす心理ワーク7選

一瞬で自分の状態を変える心理ワーク


あなたがどれほど「あなたにとって最高の心理療法家」であるかを、実感していただきます。
身体を使った心理療法をご自身に施すことで、自分の状態が一瞬で変わることを体感します。

たった5秒で起こるご自身の変化に驚愕することでしょう。
 

今の自分を受け入れる心理ワーク


自己肯定感が低い方ほど、現状の自分のすばらしさに気づいていません。
様々な個性を体感する心理ワークを通して、現状の自分が『どれだけ自分にとって好ましい存在か』を体感します。

心理ワーク終了後には、「こういう私でよかった」と自分を好ましく感じる想いが高まることでしょう。
 

無意識からのメッセージⅠ


現状の自分を受け入れてしまうと、

  • あとで傷つくことになるのでは?
  • 慢心して、成長しなくなるのでは?
  • 人から裏切られることになるのでは?

こうした怖れから、知らず知らずのうちに制限がかかり、偏ったメッセージしか受け取れなくなります。
ですから、意識して自分をポジティブに思おうとしても、すぐ次の瞬間に、ネガティブな思いがわいてきてしまうわけです。

それならば、意識の及ばない無意識領域からポジティブなメッセージを受け取ればよい。

具体的には、ゲシュタルト療法の誘導イメージの中から、特に自己肯定感が低い方に効果的な心理ワークを行います。
 

自分と他者を平等に扱う心理ワーク


NLPの知覚位置を活用した、高島オリジナルの心理ワークです。
他人のことを大切にするのと同じだけ、自分自身を大切にする体験をします。

 

無意識からのメッセージⅡ


自分に厳しい方、自分を責めがちな方、自己尊重感が低い方に特に効果的な心理ワークです。
自分の奥底にある、すばらしい可能性と出会うことでしょう。
 

人生最期のワーク


自分の中から自分に向けての癒しが起こる心理ワーク。
癒しのあとには、絶えないエネルギーが湧いてくることでしょう。

人生を無駄にしないためにも、少しでも早いタイミングで受けて欲しい心理ワークでもあります。
 

『支え』の心理ワーク


1対1のカウンセリングでは実施できない、心理ワークショップだからこそ実現する心理療法

今この瞬間から、力強くご自身の人生を生きていくために。
あなたの心の内に揺るぎない『支え』があることを感じる心理ワーク。

内側から力が湧いてきて、怖れに立ち向かう勇気が溢れ出てくることでしょう。

なぜこの心理ワークショップに参加することで、
自己肯定感が高まるのか?


誰かに言われて説得されるのではなく、

  • 「私はすばらしい」
  • 「私はがんばっている」
  • 「私には価値がある」
  • 「私にはこんなに眠っている力がある」
  • 「私には大きな可能性がある」

こういった気づきが自分の内側から起こる。

自分で実感し、心の底から信じられる思いがわいて来ることで、誰でも確実に自己肯定感が高まっていくのです。

 

自分で実感!
だから、自己肯定感が高まる!


 

ワークショップで期待できる効果

この一歩を踏み出すだけで…

  • 自己受容感が高まり、今の自分をそのまま受け入れられるようになる
     
  • 自分の長所に焦点が当たるようになり、主体性が高まる
     
  • 自分には短所を上回る長所があると心から信じられるようになる
     
  • 自分自身を心の拠り所とするようになり、意思決定に自信を持てるようになる
     
  • 他者の目や評価に振り回されるのではなく、自分の中に幸せの基準を持てる
     
  • 物事を「なんとかなる」と楽観的に捉えられるようになり、新しいことや困難なことに対しても失敗を恐れずチャレンジできるようになる

結果として、その先の未来に…

  • 自信が高まることで、自分とは違う価値観や意見に対して耳を傾けることができるようになり、今ある人間関係が良好になる
     
  • 「苦手なことは得意な人に任せる」、「興味があるから自ら学びスキルを習得する」など、生き方を主体的に選べるようになる
     
  • よい所も悪い所もある自分を認め、長所をさらに伸ばすにはどうしたらいいか、活かしていくにはどうしたらいいかと、毎日をわくわくした気持ちで生活できるようになる
     
  • 自分の能力や存在への自信が高まることで、仕事や社会で活躍するようになる
     
  • これまで出会うことのなかった人との関わりが生まれ、望んでいた世界で生きていけるようになる

講師紹介


講師は、日本実践コミュニケーション心理学協会の高島昌彦です。
 


 

高島 昌彦

 

  • 元航空自衛隊嘱託外部カウンセラー
  • 元国立大学附属特別支援学校教諭
  • カウンセリングMaNa 心理カウンセラー


教育学部にて自閉症を中心とする発達障害を専門に学び、大学卒業後は、国公立の特別支援学校教員として14年間勤務。

在職中に人間関係のストレスからうつ病を発症し、退職。
17年間の闘病中に、二度の離婚も経験する。

同じように苦しんでいる人の手助けをすべく、心理カウンセラーとして独立。
それと共に、自らうつ病を克服した際に用いた心理学、コミュニケーション学を応用し、独自の「必ず役に立つ、体感できる講座」を体系化する。

また、カウンセリング技術研修では、自らの経験から「苦しんでいる人が本当に必要としていること」を第一に、人の心の仕組みの深い理解、プロとしてあるべき意識の持ち方、そして必要不可欠な技術が網羅された、熱い中にも人間味のある講座を展開。
その人柄と他に例を見ない内容から、日本各地で絶大な人気を誇る。

よくあるご質問

人前で自分のことを話すのにためらいがあります…

無理な自己開示など一切必要ありません。


話しにくいことを無理に話す必要はありません。
なぜなら、
自分の内側に気づきが生まれることをねらいとする心理ワークばかりだからです。

大勢の前で話したくない話をする場面はありません。
無理矢理、自己開示を迫られる場面もありません。

どうぞ安心してご参加ください。
 

心理学など学んだことがないのですが…

心理学の知識は一切必要ありません。


勉強の時間ではありません。
自分をネガティブに捉えがちな心の癖を変え、自分らしい自分へと変容するための時間です。

必要なのは、イメージする力と素直な心。
「イチゴを思い浮かべてください」と言われ、イチゴを思い浮かべることができる人であれば大丈夫です!
 

定員が10名と少ないのはなぜですか?

一人ひとりの個人差を大切にするためです。


実践心理ワークショップの目的として、参加者一人ひとりに心の緩むリラックスした時間を過ごしていただくというものがあります。その実現のためには、講師がワークショップを通して、一人ひとりに合わせた関わりをテイラーメイドしていく必要があります。

それは人数が多いほど難しくなります。

本ワークショップでは、参加者それぞれに最大限の効果を及ぼすための適切な定員を設けています。
 

オンライン参加は可能ですか?

会場のみの開催となります。


本ワークショップは、心理ワークの特性上、会場のみでの開催となります。

オンライン受講はありませんので、ご承知おきください。

最後に…


講師である私自身、うつで17年間苦しんだ経験があります。
ですので、

  • ポジティブに考えられない
  • 自信を持てない
  • 自分に価値を感じられない

というお気持ちはよくわかります。


でも、あなたには、もうこれ以上傷ついてほしくありません。
そして、その突破口は誰かが授けてくれるのではなく、あなた自身の中にあるのです。

本心理ワークショップに参加して、それを探してみませんか?
 

もう、人生の主導権を自分に取り戻すときです。
そして、その実現のために、これ以上、失うものなどないはずです。
 

  • 自分を大切にする
  • 自分の価値を確かに感じる
  • 自分の人生を自分のものとする

覚悟が整いましたら、どうぞお申し込みください。

日本実践コミュニケーション心理学協会
高島 昌彦

講座概要

講座名称 誰でも自己肯定感が高まる実践心理ワークショップ
講師 高島 昌彦
開催日程

札幌
 2024. 05. 26(日) 10:00~18:00

【函館】
 2024. 12. 14(土) 10:00~18:00

 ※ 終了時間は、進行状況に応じて30分ほど前後する場合があります。講座終了後のスケジュールには、ゆとりをもってご参加ください。

開催場所

【札幌】
 
かでる2・7北海道立道民活動センター

【函館】
 函館市亀田交流プラザ
受講対象

心理ワークショップに興味のある方であれば、どなたでもご参加いただけます。

参加費用 33,000円
お支払方法 銀行振込にて、お申込み後1週間以内にお振込ください。
お申し込み方法 お申込みフォーム
申し込み締切日 講座日の1週間前
 ※お申込み多数の場合、早期に締め切ります。
定員 各会場10名
主催者 日本実践コミュニケーション心理学協会
備考

参加する皆さまの状況に応じて取り扱う内容については変更の可能性があります。

お申込み

札幌会場

かでる2・7 北海道立道民活動センター

〒060-0002 北海道札幌市中央区北2条西7丁目 道民活動センタービル
 

お申し込みの際は受講規約に同意の上、お申し込みください。

函館会場

函館市亀田交流プラザ

〒041-0806 北海道函館市美原1丁目26-12

無料【ミニ心理学講座】

フォームにお名前・メールアドレスをご入力いただくだけで、【ミニ心理学講座】「心がわかる18のテーマ」の他、お役立ち情報が無料で届きます。

JPCPA開催講座

講座

実践コミュニケーション
       2級認定講座

【札幌】  5.25(土)
【函館】  6.  2(日)

【Zoom】6.  4(火)


 

実践コミュニケーション
       1級認定講座

【函館】  3.20(水) 満席
【札幌】  7.13(土)
【Zoom】8.17(土)

【函館】  8.31(土)


 

実践コミュニケーション講師
養成コース

【札幌】2024年11月・4月


 

実践心理カウンセラー
 認定講座<初級>

【札幌】  5.25(土)
【函館】  6.  2(日)

【Zoom】6.  5(日)


 

実践心理カウンセラー
 認定講座<中級>

【函館】  3.  9(土)・10(日)
【札幌】  7.14(土)・15(日)
【Zoom】8.  3(土)・  4(日)


 

実践心理カウンセラー
 認定講座<上級>

【函館】  2024年 6~9月


 

実践心理ワークショップ

【札幌】   5.26(日)
【函館】 12.14(土)


 

心理援助者講座中級Ⅰ

【東京】2024年1・2月 締切

無料メルマガ

メルマガにご登録いただくことで、心の専門家が教えるミニ心理学講座を無料でご覧いただけます。

関連団体